HOME > 天然素材について

天然素材について

なぜ自然素材をお勧めするのか

無垢の木材や漆喰、土壁、オ-ガニックな紙や布。
これら自然が育んだ材料は、触った時の温もりや有害な化学物質を含まないなど、
人間に大変優しいという特徴があります。

木材は湿気を吸ったり吐いたりして調湿してくれますし、
漆喰や土壁は加えて空気中の有害な物質を吸着してくれる機能を備えています。
生き物である私達に自然から贈られた材料は健康にも大変良いものなのです。

工業製品の材料は大量の化石燃料を消費して作られており、
その過程でCO²や有害な物質を排出し、環境に大きな負荷を掛けていますが、
自然素材は材料そのものを作り出すエネルギ-は太陽や雨、風など
自然が時間を掛けて生み出されたものなので、地球にも優しいと言えます。

また、自然素材はその役目を終えた時もリサイクルが可能で、資源として再利用する事が出来ます。
石油系の化合物で出来た材料はリサイクルするのにもコストが掛かり、これからの循環型の社会に適さないのです。

一見本物と見紛うようなプリントされたシ-トを貼った床や壁材、ビニ-ルクロス、
建具はいつまで経ってもそのままですが、自然素材は適切に手入れをする事で、
上手に年を取り、風合いが増し、重厚感がでて来るなど味わい深くなります。
自然素材は人と共に年を重ねてくれる、人に優しい、環境に負荷を掛けない材料なのです。


お勧めの自然素材

タナクリ-ム

漆喰と同じ石灰を原料とした壁塗り材です。
有害物質を含まず、調湿機能があり、ホルムアルデヒドや有害物質を吸着する機能があります。
私はこの材料に黄土という土を混ぜて使います。
左官職人さんの塗り方で味のある仕上がりとなります。


蜜蝋ワックス

三重県のご夫婦がミツバチの巣から作っているワックスで、
フロ-リングや建具などに塗ると、ある程度含侵し、表面に皮膜をつくり、
適度なツヤと防腐の作用を発揮します。

木材の手触りを生かしながら保護する事が出来ます。
また、成分も無害で小さなお子さんにも安心して使う事ができ、お手入れも簡単に塗れます。
何度か建築主さんと一緒にフロ-リングに塗りましたが、手に付いてもベトベト感がいやな感じではなく、さらっとした感じに変ります。


唐松フロ-リング

針葉樹の板材で比較的リ-ズナブル使える無垢の床材です。
高齢者の足腰、膝の関節に優しい適度な柔かさがあります。
節が多いので丁寧な処理をした国産のものを使います。 蜜蝋ワックスを塗ると飴色になってゆきます。柔かい分傷は付き易いです。
床暖房には向きません。


自然素材クロス

環境壁紙と言われるもので、ラフィットクロス、ケナフクロス、珪藻土クロスなど天然の素材で作られた壁紙。
調湿機能や有害物質吸着機能を持っています。
床暖房には向きません。


このページのトップへ